rokiの随筆

ライトにいたTORANEKOのギター

移り変わる景色

数年前に全くわかんなかったことが、今になってわかってきたってこと、たくさんありますね。

 

数年前には表面的で軽々しく聞こえた言葉が、今になって、ものすごく心に響いてくることとか。

 

別に自分が成長しているのか、退化しているのかなんてわかんないし、どこに進んでいるのかもわかんないですが。

 

どこかに進んでいるんでしょう。

 

ただ、はっきりと見えるのは、今自分が見ている景色だけで、過去に自分が考えていることなんて、全く思い出せないんですけど、そういうものなんでしょうね。

 

大人が今言っていることは、今の自分には全然わかんなくて、反抗することもあって、

 

でも、やがてその本質はわかっていくんでしょうし、ただ、その大人がそういってたっていう事実は、全く思い出せないのかなーって。

 

そう考えると、ちょっと悲しいですけど。

 

ただ、今の自分に満足するのは、許されることではないなーって。

 

永遠に前に進み続けるしかなくて、やめたら強くなんていられないですね。

 

転んでしまった時にどうするべきかは、未だにわかんないですが。

 

でも、足りない部分をひたすら求めて、いろんな景色を見ていくことは、大事なんだと思いますね。

 

移り変わる景色の中に、響いてくる言葉もあるんだと思います。

 

暑いですが、無理しない程度に、頑張ってください。

広告を非表示にする

うみべの女の子

www.youtube.com

 

今日、「うみべの女の子」という漫画を読んだんです。

 

浅野いにおの漫画ですね。

 

最近のマイブームの一つは、浅野いにおの漫画作品をひたすら読んでいくことです。

 

基本的には、恋愛漫画って感じで、中学生の恋愛事情や性行為などを取り上げているんですけど、

 

僕にとっては、すごい奥深い作品だった気がします。

 

中学生の男女の心理面の核心をついているっていうのかいわないのか。

 

あくまで僕の主観的な見方ですが、核心をついている感じがしました。

 

なんか、ありますよね。

 

今まで好きだった女の子に近づいてみようとするとき、女の子がちょっと意味深な接し方をしてきて、

 

それが、ああ、こんな心理状態で関わっていたのかなーって、感じです。

 

まあ、本当に自分がかかわった女の子がそんな気持ちだったのかなんて分かりっこないですが、

 

そういう感じがしました。

 

その作品中に出てくる一曲があって、それがこの曲なんですね。

 

これは、一見何を意味するのか分からなかったんですけど、意味深な選曲な気はしました。

 

まあ、いずれ、わかるでしょう。

 

あとは、思春期の男女の心理的な成長の仕方が残酷に描かれている感じもしました。

 

闇の時代は、時期は違えども、男女ともにいずれは来るものなんですね。

 

まあ、面白かったですね。

 

普通のエロ本の漫画見るよりは、こっち見たほうがいいです。

 

とりあえず、読んだ後に、いろんな女の子のことを考えました。

 

明日は、病院に行って、バンド練ですね。

 

頑張ります。

広告を非表示にする

数回目の初めまして

人生は、真っ暗闇の宇宙を彷徨う彗星のようなものだって、

 

誰かが言ってた気がします。

 

でも、いつかはどこかの恒星を見つけて、やがて、軌道に乗って、その周りをぐるぐる回るようになるんだって感じがします。

 

それまでは、ひたすら前に進むしかないのかなーって。

 

何かをひたすら探し求めて、そのうえで、満たされた気にならないで、どこまでも上を求めていく。

 

そうすれば、いつか本当の自分が剥がれ落ちて見えてくるんでしょう。

 

それでも、満たされることなんてなくて、

 

どこまでも上を探し求めること、それ自体が喜びになっていくでしょう。

 

まあ、今は、バンドやって、そのためにやるべきことをそれなりにやって、

 

それも、あることをリミットにして、それまではって感じです。

 

伝えたいことも、自分がすること成すことの中に、自然と含まれていく気がするので、

 

やりたいことを、ひたすら追い求めて、究めていく以外にないっす。

 

自分で決めたことを、責任もってやり抜くだけっす。

 

本当の自分が見えてくるとき、

 

自然と、他のすべてのことがはっきりと見えるようになってくると思っています。

 

人の気持ちも、世界のことも、

 

全て自分の中に厳然と存在している気がします。

 

いろんなことがあって、そのたびにいろんなことを疑って、死ぬほど苦しくなるんですけど、

 

自分が確実に信じられる何かを失わなければ大丈夫かなーって、

 

今はそう思います。

 

まあ、本当に本当に、日々いろいろあって、いろいろあるって言葉じゃおさまらないくらいごちゃごちゃあって、

 

軽々しくとられちゃ困るけど、まあ、大体の人は軽々しくとるだろーなー

 

まあ、同じ文章をどこかで見たら、僕も軽々しくとるでしょうが、

 

こんな感じで日々を刻んでいきます。

 

よろしくお願いします。

広告を非表示にする