rokiの随筆

ライトにいたTORANEKOのギター

数回目の初めまして

人生は、真っ暗闇の宇宙を彷徨う彗星のようなものだって、

 

誰かが言ってた気がします。

 

でも、いつかはどこかの恒星を見つけて、やがて、軌道に乗って、その周りをぐるぐる回るようになるんだって感じがします。

 

それまでは、ひたすら前に進むしかないのかなーって。

 

何かをひたすら探し求めて、そのうえで、満たされた気にならないで、どこまでも上を求めていく。

 

そうすれば、いつか本当の自分が剥がれ落ちて見えてくるんでしょう。

 

それでも、満たされることなんてなくて、

 

どこまでも上を探し求めること、それ自体が喜びになっていくでしょう。

 

まあ、今は、バンドやって、そのためにやるべきことをそれなりにやって、

 

それも、あることをリミットにして、それまではって感じです。

 

伝えたいことも、自分がすること成すことの中に、自然と含まれていく気がするので、

 

やりたいことを、ひたすら追い求めて、究めていく以外にないっす。

 

自分で決めたことを、責任もってやり抜くだけっす。

 

本当の自分が見えてくるとき、

 

自然と、他のすべてのことがはっきりと見えるようになってくると思っています。

 

人の気持ちも、世界のことも、

 

全て自分の中に厳然と存在している気がします。

 

いろんなことがあって、そのたびにいろんなことを疑って、死ぬほど苦しくなるんですけど、

 

自分が確実に信じられる何かを失わなければ大丈夫かなーって、

 

今はそう思います。

 

まあ、本当に本当に、日々いろいろあって、いろいろあるって言葉じゃおさまらないくらいごちゃごちゃあって、

 

軽々しくとられちゃ困るけど、まあ、大体の人は軽々しくとるだろーなー

 

まあ、同じ文章をどこかで見たら、僕も軽々しくとるでしょうが、

 

こんな感じで日々を刻んでいきます。

 

よろしくお願いします。