rokiの随筆

千葉県柏市中心に弾き語りで

歩けるまで

 

夏がきたのもあっという間だったけど、過ぎ去るのもあっという間なんだろーなー。

 

冬だった頃がものすごい昔に思えたり。

 

そう思うと、一日一日を無駄にできないですね。

 

とりあえず目の前のことに必死で取り組んで、頑張れば、たどり着く結果も出てくるでしょうし、いろんなものがはっきりと見えてくるんでしょう。

 

出た結果が出た結果なら、それはそれで。

 

人間は、どこまでもひとりきりの存在で、到底分かり合える人間には出会えないけど。

 

自分がどんな存在で、何を望んで、何を得たいのかもわかりませんし。

 

例えひとりきりでも、今やっていることが輝けば、十分歩けるでしょう。

 

そして、今この瞬間、ひとりでも、必死で歩いていけば、誰かが味方になってくれるでしょうし、遠くにいるあの人も、自分のことをわかってくれる日が来るでしょう。

 

何かが開ける瞬間って、たくさんあると思うんです。

 

必死で何かを頑張っていれば。

 

限界まで追い詰めて、それでやっと自分が進むべき道が見えて、ひたすら進んでいけるでしょう。

 

壁にぶつかっても、乗り越えるまで必死で頑張れれば。

 

また、歩けるでしょう。

 

頑張ってください。

 

頑張ります。

広告を非表示にする